『自分が変わるための15の成長戦略』

と言う本を買ってみた。

IMG_20150228_105537_001_COVER-1
著者は、メンターとして有名なJohn Calvin Maxwell。以前この人の『夢を実現する戦略ノート』と言う本を読み、少しだけど、明るい希望を持つ事が出来た。この人の本は、「気付き」よりも「元気」をくれるんだ。それは、今の俺にとってとっても大切な事。

明日は一日雨らしいから、じっくり読もう。
 
 
 
 
 

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言

では「雇用情勢はさらに改善の余地がある」などと利上げを急がない姿勢が示された。これはアメリカの株式市場には朗報だ。

対して、ヨーロッパは課題山済みか?。

ウクライナはまだ予断を許さない。

ギリシャはデフォルトを先延ばしにしただけだ。いくら多国籍連合のEUとは言え、無限に資金があるわけじゃない。ギリシャはデフォルトするだろう。
 
 
 
 
 

自立支援医療の不公平な側面

自立支援医療(精神通院医療)と言うものの恩恵を受けている。これは、僕のように満足に働けない者にとってとても有難い精度で、要するに、精神疾患・精神障害の治療にかかる公的医療保険で3割の医療費を負担しているところを1割に軽減してもらえる。

だが、この制度は、管轄する自治体によって異なる運営をしているんだ。

下は、東京に住んでいた時に使用していた、自立支援医療の受給者証。

 

月額自己負担上限額は、2,500と記載されている。でもその右側に『医療費の本人負担なし』とある。実際東京に住んでいた時のうつ病治療で、この受給者証を提示すれば、医者の治療費も処方箋の代金も支払わずに済んだ。

ところが足利に引っ越して来たら、月に2500円は支払わなければならない。

下が、栃木県が発行してくれた自立支援医療の受給者証。

『医療費の本人負担なし』との記載はない。

同じように国民健康保険料を支払っていても、受けられるサービスに違いがある。ただ、自治体によって国民健康保険料は違うらしいから、それも仕方ないのだろうか?。

 
 
 
 

薬が変わった

今日の診察で、また処方薬が変わった。

毎食後 エチゾラム 0.5mg
夕食後 ジェイゾロフト 25mg
寝る前 リフレックス 15mg × 3
    プロチゾラム 0.25mg

今までは、朝食後にサインバルタカプセル250mgを2錠飲んでいたが、それを止めて夕食後にジェイゾロフトを飲む事になったわけだ。ジェイゾロフトは、まだジェネリックが出ていない比較的新しい薬。期待できるかな?。
 
 
 
 
 

Huawei Ascend Mate7 楽天モバイルでの留守番電話の設定

Huawei Ascend Mate7は良いスマホだと思う。他のスマホはほとんど使った事はないが。

で、さっき友人から電話があった。でもその電話を受ける事が出来ない。こちらからその友人に電話を掛けたら、すぐに留守番電話に切り替わってしまうらしい。

留守番電話に切り替わるまでの時間を設定しなきゃならないか。でも、その設定方法が分からない。スマホの設定画面に、留守番電話の設定に関する項目はないし、取扱説明書にも記載はない。

でも、ネットで調べたら、ココにありました。

ややこしいなぁ、まったく。
 
 
 
 
 

ES細胞から網膜生成

ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、従来より生体の網膜に近い組織を効率的に作ることに成功したと、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)と住友化学が発表した。

この研究が進めば、当然網膜の再生治療が可能になるだろう。例えば、網膜剥離などの治療に使えるようになるのだろうか?。

現在、ヒトのクローニングは可能らしい。倫理的問題があるので行われないだけだとか。だけど人類は、クローンではなく、ES細胞やIPS細胞を使って、ヒトを創り出す事が可能になるのだろうか?。もしそれが可能になれば、驚異的なIQを持つヒトを『設計』して創り出すようになるのだろう。

それにしても、理化学研究所の発表と言うのが、ちと気になる。