克服出来ない恐怖

ダークサイドに心を支配されて以来、色んなものが怖くなった。色んなものにびっくりするようになった。

 

家に引きこもってばかりじゃ良くなるものも良くならないと思い、散歩にでも行こうかと玄関に行く。靴を履く。でも、玄関を開けられなかった。外へ出るのが怖くて、理由もなくただ怖くて、結局自分の部屋に戻る。

街を歩いていて視界の隅に真っ赤なポストが目に入る。でも俺は、それをポストだと認識する前に、赤い服を着た人が立っていると感じてびっくりする。そこに赤い服を着た人が立っていても、何もおかしな事ではないのに。

 

そんな事は最近は無いんだが、今でも、どうしても克服出来ない恐怖がある。

 

風の音が怖いんだ。

 

俺が住む町、足利は、冬になると毎日のように冷たく強い季節風が吹く。いわゆる赤城おろしだ。そういう強い風が起こす、電線がうなる音や、気を揺らす音が怖いんだ。風そのものが怖いんじゃない。

 

だから、今日みたいに風の強い日は、出来るだけ大きな音で音楽を流しているか、それでもダメならヘッドフォンで、外部の音をシャットアウトして過ごす。

 

何でだろ?。どうして克服できないんだろ?。

 

ってか、克服するための努力なんてしてないけどね。その内良くなるさ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *