ES細胞から網膜生成

ヒトのES細胞(胚性幹細胞)から、従来より生体の網膜に近い組織を効率的に作ることに成功したと、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)と住友化学が発表した。

この研究が進めば、当然網膜の再生治療が可能になるだろう。例えば、網膜剥離などの治療に使えるようになるのだろうか?。

現在、ヒトのクローニングは可能らしい。倫理的問題があるので行われないだけだとか。だけど人類は、クローンではなく、ES細胞やIPS細胞を使って、ヒトを創り出す事が可能になるのだろうか?。もしそれが可能になれば、驚異的なIQを持つヒトを『設計』して創り出すようになるのだろう。

それにしても、理化学研究所の発表と言うのが、ちと気になる。
 
 
 
 
 

fabbricakm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です