Alfred Adler

幸せの三要素は、自分自身が好きかどうか。よい人間関係を持っているかどうか。そして、人や社会に貢献しているかどうか。

どんな能力をもって生まれたかはたいした問題ではない。重要なのは、与えられた能力をどう使うかである。

未熟な自分を責めてる限り、幸せにはなれない。未熟な自分を認めること。それができる者だけが強い人間になれる。

問題の原因などどうでもいい。大切なのは解決策とこれからどうしたいかだ。

過去を後悔しなくていい。未来に怯えなくていい。そんなところを見るのではなく、いまこの時に集中しなさい。

判断に迷ったら、より多くの人間に貢献できる方を選べばいい。自分よりも仲間たち、仲間たちよりも社会全体。この判断基準で大きく間違うことは、まずないだろう。

 
 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *