Helen Adams Keller

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。

私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。

世界で最も哀れな人とは、目は見えてもビジョンのない人だ。

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。

喜びとは、目的をあたため続け、知性を輝かせ続ける神聖な炎である。

 
 
 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *