Vincent Thomas Lombardi

アメリカ・ニューヨーク州出身のアメリカンフットボール・コーチ。1959年から1967年の9シーズンに渡りNFL グリーンベイ・パッカーズのヘッドコーチを務めた人物であり、その他にも1969年シーズンのワシントン・レッドスキンズのヘッドコーチなども務めている。パッカーズを率いたポストシーズンに5度のリーグチャンピオンシップ優勝を成し遂げた他、第1回&第2回スーパーボウルを連覇。ヘッドコーチとしては通算105勝35敗6分け・勝率.750という成績を残している。当時のアメリカでは絶大な人気を集めていた人物でもあり、リチャード・ニクソン大統領が1968年の大統領選挙でロンバルディを副大統領候補にしようとも思っていたとも言われている。(参考文献:ウィキペディア)

 

 

成功する人としない人の違いは、能力や知識ではなく、決意が本物かどうかである。

勝つことがすべてではないよ。勝つために努力することがすべてなんだ。

ノックダウンされたかどうかなんて、たいした問題ではない。大事なのは立ち上がるかどうかである。

徹底的に鍛えられた意思を止めることは、何をもってしても不可能だ。

負けたのではない。時間が無くなっただけだ。

勝利を手に入れられる人は、絶対にあきらめない。簡単にあきらめてしまう人は、絶対に勝てない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *